イベントコーディネーターになるために知っておくこと

>

あなたは向いてる?イベントコーディネーターの人柄

みんなを引っ張っていく力

何度か説明してきますが、イベントコーディネーターの仕事内容は多岐に亘っています。
イベントの企画と運営と一言で言っても、その内容は奥が深い上に細かい作業がたくさん含まれています。

まずは大まかなイベントのシナリオを作り、広告方法を考えます。
パンフレットやポスターのデザインなどをデザイナーさんと打合せながら決定し、会場や機材の手配も行います。
ゲストが必要であればそちらの手配もしなければいけませんし、より具体的な構成も考えなければいけません。
そして、それらの作業は全て一人で決定できるものではなく、クライアントが納得してくれなければ進めることはできません。

豊富なアイディア力、そしてみんなを同意させるほどのプレゼン力も必要とされる職業です。

人を喜ばせ自分も楽しめる心

イベントは、クライアントさんや参加者全員とのチームワークのもとに成り立っています。
イベントコーディネーターはそのチームリーダーです。
リーダーとして率先して物事を引っ張っていける力を持っている人こそが第一に必要とされます。
仲間が多ければ色んな意見が飛び交うでしょうし、それをまとめる人材も求められます。
自分の意見だけを押し通すのではなく、周りの意見を汲みながら良いイベントへと繋げることが目的です。

そして、お客様に喜んでもらえることこそがイベントの最大の目的ではないでしょうか。
大勢の人を喜ばせることが好きな人、人前で緊張せずに話せる人柄なども重要なポイントです。
イベントでもわくわくする気持ち、楽しむ気持ちを忘れずに仕事できる人こそ向いているのではないでしょうか。


TOPへ戻る