イベントコーディネーターになるために知っておくこと

>

イベントコーディネーターの現実

就職してまずやるべきこと

イベントコーディネーターを目指すのに適した就職先は、広告代理店やイベント会社であることは先程も説明しました。
ですが、無事就職できたからと言って、最初からイベント関連の仕事に付けるわけではありません。
広告代理店であれば、イベント以外の仕事も部署ごとにたくさん分かれていますし、イベント専門の会社であっても初めから企画を任されるわけではありません。
会社によりますが、どんなところも最初は雑務などを覚えることから始まります。
社員同士のお茶くみをしている会社は今はもうないでしょうが、来客時のお茶出しやコピーや資料作り、おつかいなど上司や先輩から指示されて動く簡単な作業から入ると思います。
いわゆる下積み作業ですが、勉強できる期間でもあります。
みんなそんな下積みを終えてプロのイベントコーディネーターとなっているのです。

イベントコーディネーターの成功への道

最初からイベントを運営して活躍したいのに、と考えている方はがっかりしたかもしれませんが、これはイベントコーディネーターという職種に限らず、新人には仕方のないことです。
先輩方の手伝いをしながらノウハウを盗み、勉強を重ねて次第に大きな仕事を任せられるようになるのです。
現在、イベントコーディネーターという肩書を持っている人は少ないそうです。
柔軟なアイデアを生み出すだけでなく、プレゼン力やコミュニケーション力、忍耐力も必要とされる職業です。
クライアントに気に入ってもらえなければ、すぐ別なアイディアを提案できる切り替え能力も必要とされます。
イベントが成功するまで気も抜けませんし、長く続けられる人が少ないのが現状です。
ですが、そんな厳しい業界であるからこそ、一度成功を手にすれば需要が増えるはずです。
成功して独立している方もたくさんいます。


TOPへ戻る