イベントコーディネーターになるために知っておくこと

>

イベントコーディネーターってどんな仕事?

必要な資格や学歴

まず、イベントコーディネーターになるために取るべき資格というものは、今のところはありません。
イベントを企画し運営することが主な仕事内容ですが、イベントの内容ごとに多種多様なアイディアを発想できることが求められますので、必要なものは形式ばった資格よりも柔軟な発想力ということになります。
ですが、就職先にもよりますが学歴はある程度重視されているようです。
大手であればあるほど、大学卒までの学歴を求められています。

特に資格は必要ない職業ではありますが、最初から成功できる職業ではありません。
慣れることが重要でもなく、常に新しい発想やアイディアが必要とされます。
そのアイディアも、独りよがりにはならずお客様と企業に喜んでもらえる内容でなければいけません。
なかなか難しい仕事です。

学生時代にアルバイトで経験を積もう

イベントコーディネーターの仕事に就くには、広告代理店やイベント企画の会社へ就職することが一般的です。
ですが、難しい仕事ですから最初の頃は誰だって失敗するでしょうし、喜んでもらえるものを作れるまでは時間が掛かってしまうのは当然です。

もし機会があれば、就職する前の学生のうちにイベント関連の会社でアルバイトをさせてもらうといいでしょう。
実際にイベントの内容と裏方の仕事を見ることで参考にもなるでしょうし、イベントコーディネーターの仕事がより身近なものに感じられると思います。

本気でイベントコーディネーターを目指すのであれば、若いうちからどんどん知識と経験を積んでおくべきです。
企画を自分で考えるということは大変な作業ではありますが、豊かな経験が豊かな発想に繋がることはあります。


TOPへ戻る