イベントコーディネーターを目指すにはどんな勉強が必要?

イベントコーディネーターになるために知っておくこと

イベントコーディネーターになるには

まずはイベントコーディネーターという職業について紹介していきましょう。
名前くらいは聞いたことがあるという方も多いと思いますが、具体的にはどんな仕事内容なのか、はっきり知っている方は少ないかもしれません。

イベントコーディネーターとは、名前の通り各イベントのコーディネイトをする仕事ですが、一般的なイベントとはどんなものを言うのでしょうか。
まず、大きなイベントから挙げると、フェスティバルや博覧会、コンサートやキャンペーンなどはビッグイベントの関連と言えるでしょう。
また、企業や自治体などが主催となる催しもの、キャンペーンなどもイベントの類になります。
一概にイベントと言っても、規模も範囲もとても幅広く、内容によって必要とされるもの、求められる仕事も変わってきます。
イベントをコーディネイトするには、イベントの形成や流れ、出し物の提案や進行など、一連の責任を任される仕事になります。
イベントをするには大勢の人に集まってもらう必要もあるため、イベントのPR活動や宣伝に携わる必要も出てくるでしょうし、有料のイベントであれば採算が合うように見合った内容にまとめる必要もあります。

より多くのお客様を呼び寄せて、参加者が全員楽しめるようなイベントを作ることが大前提であり、その結果大きな利益に繋がるようなイベントにすることがイベントコーディネーターに求められている大きな課題です。
海外に比べると、日本には専門のイベントコーディネーターが少ないと言われています。
需要が大きい職業でもありますので、興味のある方は是非最後までご参照いただければと思います。

TOPへ戻る